悠々として急げ

 ~未知との遭遇 in books & libraries~

大衆文学

ヒーロー 白岩玄 「野ぶたをプロデュース」を書いた作者の作品。ひでおは、いじめを無くすいい方法を考えついた。ほんとうに実行できるのか。。。

ヒーロー! (河出文庫) 作者:白岩玄 河出書房新社 Amazon まえがき2016年3月初版この本の備忘録として、あらすじと感想を残します。落ちというほどのところが無かったので、単なる要約のようになりました。ネタバレとも言わないのだろうかと。 白岩玄さんのプ…

ある男 平野啓一郎 A MAN 第70回読売文学賞 弁護士の城戸は、別人だと分かった事故死した「ある男」の生き方にのめり込んで行く...

ある男 平野啓一郎 A MAN 第70回読売文学賞 弁護士の城戸は、別人だと分かった事故死した「ある男」の生き方にのめり込んで行く...

Burn - バーン - 加藤シゲアキ

2020年12月 加藤シゲアキ小説「オルタネート」が直木賞候補選出の速報 私は、彼をジャニーズのタレントとして認識していたのだが、どうも違うようである。 さっそく、図書館へ向かった。 でも、借りられたのは、これであった。 「オルタネート」は、すでに順…

大仏男 原 宏一

漫才コンビが占い師で受けて稼げそうになる話だが、タイトルが気に入って予約して読んだ本である。 又登場人物や設定にも親しみを感じた。キャバ嬢のサヤカ、占い師の拠点となるマンションほか。 さて内容的には、お笑いをとるか偽霊能者をとるかのカナとタ…