悠々として急げ

 ~未知との遭遇 in books & libraries~

NHK大河 麒麟がくる 最終回

はじめはキャストの問題で撮り直しとなったことやコロナでの中断を乗り越えて、とうとう「麒麟がくる」が終了しました。

 

素人のわたしは、今まで描かれた「本能寺の変」では、信長目線で描かれたものばかりであったため、もう少しで天下統一できたのに、明智光秀は余計なことをしたものだ。これで日本の近代化が遅れたんじゃないか。などと思っておりました。

 

今回、明智光秀が主役であったことから、またキャスティングの良さ(私の好みでしょうが)からか、今度は秀吉が余計なことをしたものだ。という認識に変わってしまいました。

 

さて、では次はまた「豊臣秀吉」でも大河でやっていただいたら、そのときは、「秀吉よくやった!」と思っているかも知れません。

 

いずれにしましても、もう長谷川博己さん演じる「明智十兵衛光秀」が見られないのは少々残念であります。十兵衛ロスです。これは是非もなし。