MENU
ホーム » 書評 » ミステリー » 彼女が追ってくる SHE RUNS AFTER ME 石持浅海
a
この記事の目次

彼女が追ってくる SHE RUNS AFTER ME 石持浅海

復習する女とされる女(された女)で話が進んで行く。

勝ったはずの女・中条夏子、負けた女・黒羽姫乃

密室のような別荘と第三者である火山学者の碓氷優佳

夏子が殺したときには持っていなかったはずのカフスボタンが姫乃の手に握られている。これが大きな『キー』となる。

まさか姫乃の方も夏子を殺そうとしていたことと、自分が負けたときの犯人告発までを想定していたことは、こちらの想定外で、頭の良い碓氷が夏子を追い込んで行く。

作家の手法としては、結論から流れをつくっている。途中の記述も後から謎解きをされると、なるほどと分かるようにされている。他の推理小説もそうだが。

夏子が最後に事故って死んだかどうかは分からない。

その最後まで夏子を追って来るかのような姫乃の用意周到さに読者も最後まで緊張感を持って読まされる。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ソフトウェア会社サラリーマン。書店や図書館で見つけた本の読書録を残したいと考えブログに書いています。ミステリー、時代小説、資格維持のための教養本などジャンルを問わずに読んでいます。読書録に加えてちょっとしたアイデアなども書けたらと思います。

コメントがあればどうぞ

コメントする

目次
閉じる