MENU
ホーム » 視聴録 » NHK大河 麒麟がくる 最終回
a
この記事の目次

NHK大河 麒麟がくる 最終回

はじめはキャストの問題で撮り直しとなったことやコロナでの中断を乗り越えて、とうとう「麒麟がくる」が終了しました。

素人のわたしは、今まで描かれた「本能寺の変」では、信長目線で描かれたものばかりであったため、もう少しで天下統一できたのに、明智光秀は余計なことをしたものだ。これで日本の近代化が遅れたんじゃないか。などと思っておりました。

今回、明智光秀が主役であったことから、またキャスティングの良さ(私の好みでしょうが)からか、今度は秀吉が余計なことをしたものだ。という認識に変わってしまいました。

さて、では次はまた「豊臣秀吉」でも大河でやっていただいたら、そのときは、「秀吉よくやった!」と思っているかも知れません。

いずれにしましても、もう長谷川博己さん演じる「明智十兵衛光秀」が見られないのは少々残念であります。十兵衛ロスです。これは是非もなし。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ソフトウェア会社サラリーマン。書店や図書館で見つけた本の読書録を残したいと考えブログに書いています。ミステリー、時代小説、資格維持のための教養本などジャンルを問わずに読んでいます。読書録に加えてちょっとしたアイデアなども書けたらと思います。

コメントがあればどうぞ

コメントする

目次
閉じる