MENU
ホーム » 書評 » ミステリー » サラマンダー ~無限の書~ トマス・ウォートン 宇佐川晶子訳
a
この記事の目次

サラマンダー ~無限の書~ トマス・ウォートン 宇佐川晶子訳

サラマンダーとは、山椒魚のことであるが、調べると「西洋の伝説上の動物。火中に住むヘビ・トカゲの類で、火の精とされる。」らしい。内容とはあまり関係ないように思えるが、ご見識のある方がおられれば、お聞かせ願いたい。

18世紀のスロヴァキアの城が、機械仕掛けで、常に床や壁が動いているという設定は面白い。そんな城があったら迷宮だ。

構成としては、イントロとエピローグの状況設定の間に挟まれて、この奇妙な話が語られる形式となっている。

内容はやや難解で、100ページ目あたりでめげそうになったが、「無限の書」とはどんなものか知りたくて、がんばって読了したが、無限の書というもについてはよくわからなかった。ひょっとして、この本自身のことを言っているのか!

ガクっ…(やられた。。。)。

そして、物語っていた女の人こそ、この奇妙なお話の主人公であったというオチが付いていた。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ソフトウェア会社サラリーマン。書店や図書館で見つけた本の読書録を残したいと考えブログに書いています。ミステリー、時代小説、資格維持のための教養本などジャンルを問わずに読んでいます。読書録に加えてちょっとしたアイデアなども書けたらと思います。

コメントがあればどうぞ

コメントする

目次
閉じる