悠々として急げ

 ~未知との遭遇 in books & libraries~

シクラメンと見えない密室 魔女の花だより 柄刀一

ミステリー小説だが、設定が決まっているのが良い。短編のシリーズ物である。
全体として花(草花)が「事件を解く鍵」となっており、柄刀一(つかとうはじめ)作品としての個性を出している。

また、推理方法にも特徴がある。探偵のようにあちこち出回るのではなく、喫茶店のカウンター越しに聞く常連客の話から、彼らが持ち込んだ難題を解き明かしていく。

さらに草花の効能を利用した話の展開により面白さを増している。(2012.5.6)