MENU
ホーム » 書評 » 文芸書 » 火花 又吉直樹 第153回芥川賞
a
この記事の目次

火花 又吉直樹 第153回芥川賞

花火のシーンで始まって、花火のなかで終わった。

芸人としての生き様の強力なひとつと、いくつかが描かれている。モデルになった人はいるのだろうか。神谷さんの。

本のタイトルの「火花」は、主人公のコンビ名であるスパークスを日本語にしたものだと思われる。

もちろん、スパークスというのは、そのままの意味だけではなく、神谷さんやほかの芸人の生き様のことかも知れない。

芸人たちの不安な、不安定な生き様が短く(300ページ弱)描かれていた。

漫才の(大阪弁の)掛け合い、話の流れは自然で、自分でもそう返すやろなという納得する流れはあった。

果たしてほんとうにこれが芥川賞作家の作品として価値があるのか、同時受賞の作品も読んで比べてみたい。

又吉さんは、受賞インタビューで「私、直樹ですけど、芥川賞を取りました。」とは言わなかった。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ソフトウェア会社サラリーマン。書店や図書館で見つけた本の読書録を残したいと考えブログに書いています。ミステリー、時代小説、資格維持のための教養本などジャンルを問わずに読んでいます。読書録に加えてちょっとしたアイデアなども書けたらと思います。

コメントがあればどうぞ

コメントする

目次
閉じる