MENU
ホーム » 書評 » 文芸書 » 遮光 中村文則 第129回芥川賞ノミネート
a
この記事の目次

遮光 中村文則 第129回芥川賞ノミネート

彼女の指が腐らない様に、光を遮る必要があった。

あとがきに書かれていることが、この物語の本質だろう。

どうしようもない事柄というものがある。いくら平和な国で生活しているとはいっても、乗り越えがたい苦しみは、確かに存在する。

この平和そうな日本でも、はた目からは理解し難い事件が起こる。

適度に発散しなければ、ふとしたときに自分だって分からない、と感じた。

恐ろしいことだが、冷静になることが大切である。

(2015/07/19)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ソフトウェア会社サラリーマン。書店や図書館で見つけた本の読書録を残したいと考えブログに書いています。ミステリー、時代小説、資格維持のための教養本などジャンルを問わずに読んでいます。読書録に加えてちょっとしたアイデアなども書けたらと思います。

コメントがあればどうぞ

コメントする

目次
閉じる