MENU
ホーム » 書評 » 美術 » The Modern モダン 原田マハ
a
この記事の目次

The Modern モダン 原田マハ

単行本の方ですが、ピカソのような表紙の絵に惹かれて手に取った。(実際、ピカソの絵だった。)

目次

第1話 中断された展覧会の記憶 Christina’s Will

まさか福島の原発の話が出てくるとは思わなかったが、その状況を描き、中止される展覧会の状況を設定することで、展示会を開くことの大変さや、関係者たちの思いが良く分かるような気がした。

「クリスティーナの世界」を知らなかったので、ネットで画像を調べた。この本の解説を読まなければ、気にも留めない風景画のようであったが、もうそうはできなくなってしまった。アンドリュー・ワイエス 1917-2009 アメリカ
出演 ディル・ハワード コマーシャルフォト専門カメラマン
   杏子・ハワード ニューヨーク近代美術館MoMA)展覧会ディレクター(学芸員への転向希望)
コロンビア大学で博士論文執筆中
   長谷部伸子 ふくしま近代美術館 学芸員(キュレーター)

第2話 ロックフェラー・ギャラリーの幽霊 Ghost in the Blanchette Hooker Rockefeller gallery

監視員は、その日によって持ち場が違う。「Visitorを敬意をもって疑う」
今回の絵は、ピカソの「アヴィニョンの娘たち」と「鏡の前の少女」。
はたして、彼の前に現れたのは誰のゴーストなのか。
ピカソの絵の話と、MoMA初代館長を絡ませたストーリーだが、それより毎日この美術館に勤務して、帰りにバーでホットウイスキーを2,3杯やって帰るというのが、とてもうらやましいと思った。
出演 スコット・スミス ニューヨーク近代美術館(MoMA)監視員
アルフレッド 幻のように奇妙な青年

第3話 私の好きなマシン My favorite machine art

出演 ルーシー・エイマン・ギャラリー(ソーホー)
   ジュリア・トンプソン(インダストリアル・デザイナー)
    夫 ロニー・トンプソン(グラフィック・デザイナー)
    娘 ケイト(NY大学)

   ニック・シンドラー(ジュリアの父 シンドラー書店経営)

   リサ・シンドラー(ジュリアの母 児童書の挿絵画家)
   
パメラ・べルトーニ(MoMA建築デザイン部門キュレーター)
ルーシー・エイマン・ギャラリーでの、パメラとジュリアの話題は、またまたMoMA初代館長のアルフレッド・バーのことだった。
そのむかし、シンドラー親子三人で訪れたのは、「マシン・アート」展
偶然会った人が、シンドラー書店の常連客でMoMAの館長であった。
彼曰く、「マシンは、僕たちの知らないところで、僕たちの生活の役に立っていて、それでいて美しい。僕はそういうものを「アート」と呼んでいるよ。」
ルーシー・エイマン・ギャラリーで、ジュリアと友人パメラがともに尊敬するMoMAの館長アルフレッド・バーが逝去したとことを、パメラがジュリアに伝えたあと、もうひとつ伝えたことがあった。
大人の確執の犠牲になったまま逝ってしまったアルフレッド・バーのことを思うジュリアに、もうひとつ伝えられたことは、「デザイン」を「アート」の領域に高めることに挑戦するものたちにエールを贈るような知らせだった。
このMoMA理事長との確執で、新しい分野を次々にアートの世界へ導いてきたモダン・アートの立役者のアルフレッド・バーが館長を解任された話は、実話なのだろうか。。。
いつの世も、ボスより目立つものは、目障りなのだろう。
出演 ルーシー・エイマン・ギャラリー(ソーホー)
   ジュリア・トンプソン(インダストリアル・デザイナー)
    夫 ロニー・トンプソン(グラフィック・デザイナー)
    娘 ケイト(NY大学)

   ニック・シンドラー(ジュリアの父 シンドラー書店経営)

   リサ・シンドラー(ジュリアの母 児童書の挿絵画家)
   パメラ・べルトーニ(MoMA建築デザイン部門キュレーター)
   スティーブ・ジョブズ(アップル創業者)

第4話 新しい出口 Exit between Matisse and Picasso

出演 ローラ・ハモンド MoMAのアシスタント・キュレーター
セシル(ローラの友人、9.11で…)
9.11 ニューヨークと福島は、ある意味似ているのか。これが原因でローラは、パニック障害を持つようになった。
ピカソの「アヴィニョンの娘たち」を、門外不出から解き放ち、モダンアートの巨匠であるマティスとピカソの展覧会を同時に行う。この企画も、この小説のフィクションだろうか。ネットを調べると、いくつかある(あった)ようだ。
2004年5月22日~7月11日 千葉市美術館
ピカソ・マティスと20世紀の画家たち フォーヴィスムとキュビスム

2019年12月16日 National Gallery of Australia
キャンベラでピカソとマティスの展覧会同時開催
色彩の革命(フォーヴィズム(野獣派閥)の誕生)VS.フォルム(形態)の革命
「浴女と亀」VS.「アヴィニョンの娘たち」
美術館の人たちが、それぞれ専門を持っていて、博士号も持っていて、驚くような企画を実現しようとしていること、作品を守ろうとしていることを知ることができた。これからは、そういう人たちのことにも思いを馳せながら美術館へ行こう。

第5話 あえてよかった Happy to see you

出演 森川麻美 MoMAで研修(日本の私立美術館の学芸員)
   パティ(麻美のアシスタント)
「ありがとう」と「ごめんなさい」を一緒に言うのって、日本の習慣なの?
・・・そのようだ。たして2で割ったような感情とでもいいましょうか。
最後の物語には、美術品は出てこなかった。
ただ、MoMAの名前の威力が書かれていた。
そして、日本人、日本との文化の違いが書かれており、分かりあうことの難しさを考えさせられた。分かり合えなさそうだとなったとき、アメリカ人はさっさとどこかへ行ってしまい、日本人は粘り強く対応するのだろうと思った。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ソフトウェア会社サラリーマン。書店や図書館で見つけた本の読書録を残したいと考えブログに書いています。ミステリー、時代小説、資格維持のための教養本などジャンルを問わずに読んでいます。読書録に加えてちょっとしたアイデアなども書けたらと思います。

コメントがあればどうぞ

コメントする

目次
閉じる